全日本損害保険労働組合 このサイトは全損保が運営する損保で働く人たちのための情報提供サイトです 東京都中央区新富1−6−1 京橋第5長岡ビル4F TEL 03-3551-7131  FAX 03-3551-8130 朝日火災争議 全面勝利の軌跡
全損保の活動
私たちの活動 組織紹介 主張・提言・見解・調査
地図 メール リンク
更新情報
2018年01月12日 情報ネットを更新
2018年01月05日 TOPニュース「新年のごあいさつ」を掲載
2017年12月25日 スケジュールを更新
2017年12月22日 情報ネットを更新

外資系損保社に生じた「雇用問題」
全損保の組織をあげてたたかっています
カンパへのご協力お願いします
ゼネラリ社:日本支店の閉鎖で全社員が「退職」の勧奨
外資のたたかいを支援するカンパへのご協力をお願いします
〔 カンパ口座 〕

名義:外資のたたかいを支援する会 代表 浦上義人
番号:中央労働金庫 日本橋支店(普通)151073



トップニュース



新年のごあいさつ
安心して働ける職場をめざして

2018年1月 全損保中央執行委員長 浦上義人

 安倍政権が4年あまりすすめてきた「アベノミクス」による円安・株高は、大企業に莫大な利益を享受させましたが、中小零細企業や地域経済にはその恩恵がほとんど行き渡っていません。国民・労働者にとっても、2019年秋に予定される消費税増税や社会保障費の負担増などによる先行き不安が高まり、4年半で実質賃金が約20万円下落するなど、家計の厳しさは増しており、消費は低迷し続けています。政府が自賛する雇用関係指標の改善では、4年間で正規雇用の増加が22万人であったのに対し、非正規雇用は200万人強増えるなど、安心して働ける環境が整備されているとは言えません。さらには、「働き方改革」として雇用形態による賃金格差の解消、長時間労働規制の見直しを掲げる一方で、裁量労働制の対象範囲拡大や高度プロフェッショナル制度の導入など労基法の大改悪も、通常国会への上程が予定されるなど、労働者をとりまく環境も大きく変化しています。そして、自衛隊の任務拡大、改憲論議が具体化するなど、昨年は国民の意思に反して日本の平和と民主主義の危機が深まった年でもありました。

 損保では、業績は順調に推移しています。一方で、市場の縮小や自然災害の大規模化と多発、不安定な経済状況に加えて、IT化や技術革新に伴うビジネスモデルへの対応が求められるなど、事業環境が先行き不透明なことを理由に、経営の危機感は依然として強くなっています。そのもとで、大手グループでは、国内での徹底した顧客囲い込みによるマーケットシェア争いを激化させ、さらなる海外事業の推進や新規事業領域での収益拡大をめざしています。中小社も競争に巻き込まれ、各社の政策すべてが「収益力の強化」と「収益拡大」をめざしたものとなっており、事業費削減、労働生産性の追求、アンダーライティングの徹底がすすめられています。こうした施策は、職場に多様な「歪み」をふりまき、働く仲間の雇用や生活、労働条件を脅かし、働きがいの喪失と「不安」が蔓延する職場をつくりだしています。

 こうしたなか、「儲けが少ないから」と、外資系損保2社で雇用問題が生じました。ニューインディア社の日本支社では、「売上が落ちた」「ロンドン支社に比べて経費の効率が悪い」との抽象的な理由で、就業規則に違反して定年再雇用者の「雇止め」が強行されました。また、ゼネラリ社では、「日本の市場で思うように収益が向上しない」と、日本支店を閉鎖し、社員全員の雇用を切ろうとしています。全損保は、「損保で働く仲間の雇用と健全な産業・職場を守る」方針のもと、組織をあげてたたかってきています。ニューインディア社の雇止め問題では、11月30日、東京地裁で和解が成立し、雇止めから5ヵ月での職場復帰をかちとりました。今年は、東京都労働委員会へ救済を申し立てたゼネラリ分会の要求実現にむけて、たたかいへの結集が求められています。

 このようななか迎えた2018年は、何よりも国民や働くものの声や願いが優先される1年にしていかなければなりません。そのためにも、いまが私たちの声と力で情勢が変えられる歴史的転換点であることに確信をもち、いのちとくらし、平和と民主主義を守るため、働くものが声をあげ、労働組合をいかして運動をすすめていくことが求められています。

 今年も全損保は、企業や職場の違いをこえて集まれる産業別単一組織という良さをいかし、組合員が「集って、語り合って、励まし合う」とりくみを軸に、損保に働く仲間が安心して働ける職場をめざして運動をすすめていきます。私も、この労働組合の先頭に立ち、“人間の視点”、“働くものの視点”を大切に、奮闘していく決意です。
2017年12月08日 浅岡博之さん(ニューインディア分会)「雇止め強行事件」
東京地裁で和解成立
2017年11月29日 要求討議のスタートに位置づけ賃金討論集会を開催
2017年11月29日 全国6か所で147名が参加して本部オルグ開催
2017年11月17日 女性のつどい75名の参加で開催

<過去のTOP NEWS一覧はこちら>

組合員のコーナー

機関紙全損保
2017年11月25日 2090号
2017年09月25日 2089号
2017年08月16日 号 外
2017年07月25日 2088号
地域のとりくみ
各種資料
スケジュール
働くためのコンプライアンス運動 ハンドブック






ブラウザは、IntenetExplore5.5、Netscape6以上でご覧ください。
このサイトの内容の一部または全部を無断で複製、転載することを禁じます。



浅岡さん雇止め事件 解決

あいおいニッセイ同和社の希望退職募集に対するとりくみ

日動外勤支部のたたかい
和解成立後裁判所前で 和解解決
正社員として保険募集続ける道をひらく



全損保の主張
時代をみつめ明日につなげる 一人一言運動


情報ネット
スコープNIU
2009年11月12日
全損保結成60周年
記念シンポジウム


保険業界3行ニュース
SOMPOHD、米国で企業向け保険会社を買収 (2018.01.04)
労働組合の動き
連合と野党の政策会合、約150人参加へ 神津会長(2018.01.05)
生活役立ち情報